ミヤマミズゼニゴケ(大分県別府市・由布川渓谷)1

投稿日:
LINEで送る
Pocket

ミヤマミズゼニゴケ(大分県別府市・由布川渓谷)1

ミヤマミズゼニゴケ(大分県別府市・由布川渓谷)1

ミヤマミズゼニゴケ(アリソンゴケ科,アリゾニア科)〈Calycularia crispula〉
【撮影地】大分県別府市・由布川渓谷
資料により、アリソンゴケ科またはアリゾニア科との記述がある。

▼解説要約
半日陰地の湿岩上または岩上にたまった腐植土上に群生する。葉状体は長さ3〜5cm、幅5〜7mm、二叉状に分かれ、へりは波状に多少ちぢれる。
葉状体の腹面には中央部に褐色の仮根を密生する。葉状体中央部には不明瞭な中肋部があり、この部分は断面で14細胞内外の厚さをもち、葉状体のへりは1〜2層の朝来厚さ。
生殖器官はごく稀であるが、雄器は葉状体中肋部の表面にやや集まってつき、不定形のりん片をもつ。雌器は中肋部表面につく偽花被をもつ。
日本全国に分布するが少なく、アジア、メキシコに分布する。

  • Aperture: ƒ/22
  • Credit: Yutaka Isayama
  • Camera: D800
  • Taken: 9月 15日, 2014年
  • Flash fired: no
  • Focal length: 60mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 4s
合計: ¥0

ライトボックスに保存

詳細

  • ファイル名: b8f9cf2d78f167c75de580ec5f841efe.jpg
  • ファイル ID: 881
  • ファイルタイプ: JPG (image/jpeg)
  • ファイルサイズ: 28.13 Mb
  • 寸法(px): 7360 x 4912
  • コレクション: 諌山 裕コレクション コケ類