フルノコゴケ〈埼玉県入間市〉2

投稿日:
LINEで送る
Pocket

フルノコゴケ〈埼玉県入間市〉2

フルノコゴケ〈埼玉県入間市〉2

フルノコゴケ(クサリゴケ科,フルノコゴケ属)〈Trocholejeunea sandvicensis〉
【撮影地】埼玉県入間市・さいたま緑の森博物館

▼解説要約
やや乾燥しやすい所の半日陰地にある樹の幹、岩上なとせに生える。茎は横に這い、長さ1〜2cm、不規則に少数の枝を出す、
葉は密につき、湿るとほとんど直角に立ち上がる。卵形、先は円く、縁は全縁。葉の腹側の茎部には半円形の葉下片がある。茎の腹面にある腹葉は重なってつき、円形。
雌雄同株。雌花は茎の先につき、横から1新枝を出す。花被は倒卵形で、10個の褶(ひだ)がある。
雄花は茎の途中につき、葉によく似た包葉をもつ。
本州〜九州にみせれ、東南アジア、ハワイ、タヒチなどに分布。

  • Aperture: ƒ/16
  • Credit: Yutaka Isayama
  • Camera: NIKON D800
  • Taken: 11月 30日, 2013年
  • Flash fired: no
  • Focal length: 360mm
  • ISO: 100
  • Shutter speed: 1/2.5s
合計: ¥0

ライトボックスに保存

詳細

  • ファイル名: 8570a074534d41af03e9c7cf0babb758.jpg
  • ファイル ID: 809
  • ファイルタイプ: JPG (image/jpeg)
  • ファイルサイズ: 10.41 Mb
  • 寸法(px): 6720 x 3776
  • コレクション: 諌山 裕コレクション コケ類