ヒナノヒガサ(周囲はヤノネゴケ)〈埼玉県比企郡・国営武蔵丘陵森林公園〉

投稿日:
LINEで送る
Pocket

ヒナノヒガサ(周囲はヤノネゴケ)〈埼玉県比企郡・国営武蔵丘陵森林公園〉

ヒナノヒガサ(周囲はヤノネゴケ)〈埼玉県比企郡・国営武蔵丘陵森林公園〉

ヒナノヒガサ(キシメジ科,ヒナノヒガサ属)〈Gerronema fibula〉
【撮影地】埼玉県比企郡・国営武蔵丘陵森林公園

▼解説要約
ヒナノヒガサは、春〜秋、各種林内の地上や庭などに生えている苔の間などに発生。
ヒナノヒガサの傘は、直径は5mm〜1cm程度で、傘の形は饅頭型または鐘型。成長とともに徐々に開いて平らになる。表面の色は淡い橙がかった黄色で、中心部分の方がやや色が濃くなっている。

  • Aperture: ƒ/9
  • Credit: Yutaka Isayama
  • Camera: D800
  • Taken: 9月 28日, 2013年
  • Flash fired: no
  • Focal length: 60mm
  • ISO: 400
  • Shutter speed: 1/5s
合計: ¥0

ライトボックスに保存

詳細