ナミガタウメノキゴケ(桜の樹幹上)〈大分県大分市〉

投稿日:
LINEで送る
Pocket

ナミガタウメノキゴケ(桜の樹幹上)〈大分県大分市〉

ナミガタウメノキゴケ(桜の樹幹上)〈大分県大分市〉

ナミガタウメノキゴケ(ウメノキゴケ科,ウメノキゴケ属)〈Parmotrema austrosinense, Parmelia austrosinensis〉
【撮影地】大分県大分市
※桜の樹幹上に生えている。

▼解説要約
関東以西の低地に広く分布し、都市部では見られない。
比較的明るい場所の樹の幹や枝、石垣などに生える。梅の木では特によく見られる。
ウメノキゴケに似るが、フリル状に波打ち、縁に沿って粉芽をつける。裂片が波打つことが“ナミガタ”の由来。

  • Aperture: ƒ/5.6
  • Credit: Yutaka Isayama
  • Camera: D800
  • Taken: 9月 13日, 2014年
  • Flash fired: no
  • Focal length: 300mm
  • ISO: 400
  • Shutter speed: 1/80s
合計: ¥0

ライトボックスに保存

詳細

  • ファイル名: 1daab4f72e234343bff8124eb988aeda.jpg
  • ファイル ID: 696
  • ファイルタイプ: JPG (image/jpeg)
  • ファイルサイズ: 15.98 Mb
  • 寸法(px): 7360 x 4912
  • コレクション: 諌山 裕コレクション コケ類 地衣類