ナガダイゴケ〈練馬区〉

投稿日:
LINEで送る
Pocket

ナガダイゴケ〈練馬区〉

ナガダイゴケ〈練馬区〉

ナガダイゴケ(シッポゴケ科,ナガダイゴケ属)〈Trematodon longicollis〉
【撮影地】東京都練馬区

▼解説要約
日当たり地や半日陰地の湿った岩上や崖上に群生する。茎は小さく、高さ2〜6mm。
葉は基部が幅広く、ここから急に細い線状に伸び、長さ3〜4mm。
中肋は1本で太く、葉の上の方ではほとんど中肋だけが見える。葉の縁は全縁。
雌雄同株で、胞子体はよくできる。柄は長さ3cm内外、蒴は斜めに傾いてつき、長さ2〜3mm。蒴の首の部分は著しく長く、4〜5mmの長さで弓形に曲がる。
日本全国にやや普通に見られるが、胞子体がないとわかりにくい。アフリカを除いてほとんど世界中に分布する。

  • Aperture: ƒ/22
  • Credit: Yutaka Isayama
  • Camera: D800
  • Taken: 9月 13日, 2013年
  • Flash fired: no
  • Focal length: 60mm
  • ISO: 100
  • Shutter speed: 1s
合計: ¥0

ライトボックスに保存

詳細

  • ファイル名: a66bb4680c149b29049f8b0241b6ff88.jpg
  • ファイル ID: 690
  • ファイルタイプ: JPG (image/jpeg)
  • ファイルサイズ: 14.98 Mb
  • 寸法(px): 7360 x 4912
  • コレクション: 諌山 裕コレクション コケ類