ジャゴケ(全体)〈練馬区〉

投稿日:
LINEで送る
Pocket

ジャゴケ(全体)〈練馬区〉

ジャゴケ(全体)〈練馬区〉

ジャゴケ(ジャゴケ科,ジャゴケ属)〈Conocephalum conicum〉
【撮影地】東京都練馬区

▼解説要約
半日陰地から日陰地の湿土上や湿った岩上などに大きな群落をつくる。
葉状体の幅1〜1.5cm、長さ5〜10cm前後で、にぶいつやがある。葉状体表面には六角形の区画がはっきりしていて、この中央に灰白色の点状の気室孔がある。
腹面は中肋部付近を中心に紫色をおびたりん片と灰白色の仮根がたくさんある。
雌雄異株。雄器、雌器ともにヒメジャゴケに似て大形。
2〜3月頃に雄器床の柄が急に伸び、円錐形の器床の下に胞子体がつく。
日本全国に普通で、北半球に広く分布する。

  • Aperture: ƒ/22
  • Credit: Yutaka Isayama
  • Camera: D800
  • Taken: 9月 13日, 2013年
  • Flash fired: no
  • Focal length: 60mm
  • ISO: 100
  • Shutter speed: 1/5s
合計: ¥0

ライトボックスに保存

詳細

  • ファイル名: e74f2ece363773c8fc66950884223a0c.jpg
  • ファイル ID: 575
  • ファイルタイプ: JPG (image/jpeg)
  • ファイルサイズ: 16.08 Mb
  • 寸法(px): 7360 x 4912
  • コレクション: 諌山 裕コレクション コケ類