シイタケ(栽培品種)〈埼玉県入間市〉2

投稿日:
LINEで送る
Pocket

シイタケ(栽培品種)〈埼玉県入間市〉2

シイタケ(栽培品種)〈埼玉県入間市〉2

シイタケ(キシメジ科,ヒラタケ科,ホウライタケ科,ツキヨタケ科,シイタケ属)〈Lentinula edodes〉
【撮影地】埼玉県入間市・さいたま緑の森博物館

▼解説要約(Wikipediaより)
シイタケは、ハラタケ目-キシメジ科に分類されるキノコである。異説では、ヒラタケ科やホウライタケ科、ツキヨタケ科ともされる。

自然界では、主にクヌギやシイ、コナラ、ミズナラ、クリなどの広葉樹の枯れ木に発生するが、希にスギなどの針葉樹にも発生する。短い円柱形の柄の先に、傘を開く。枯れ木の側面に出ることも多く、その場合には柄は大きく曲がる。傘の表面は茶褐色で綿毛状の鱗片があり、裏面は白色で、細かい襞がある。子実体の発生時期は初夏と秋で、適温は10〜25℃と幅があり菌株によって異なる。

  • Aperture: ƒ/16
  • Credit: Yutaka Isayama
  • Camera: D800
  • Taken: 11月 30日, 2013年
  • Flash fired: no
  • Focal length: 500mm
  • ISO: 800
  • Shutter speed: 1/5s
合計: ¥0

ライトボックスに保存

詳細

  • ファイル名: 208c3a56a8fc0d7538376597ac7d553e.jpg
  • ファイル ID: 1069
  • ファイルタイプ: JPG (image/jpeg)
  • ファイルサイズ: 7.16 Mb
  • 寸法(px): 3337 x 5000
  • コレクション: 諌山 裕コレクション キノコ類