オオホウキゴケ(大分県別府市・由布川渓谷)2

投稿日:
LINEで送る
Pocket

オオホウキゴケ(由布川渓谷)2

オオホウキゴケ(由布川渓谷)2

オオホウキゴケ(ツボミゴケ科,ツボミゴケ属)〈Jungermannia infusca〉
【撮影地】大分県別府市・由布川渓谷

▼解説要約
半日陰地から日陰地の湿った地上や岩上に群落をつくる。
茎は横に這うか、やや斜めに立ち上がり、長さ1〜2cm、幅2〜3mm、全体にわずかに芳香がある。分枝はない。
葉は少し重なりあってつき、広卵形、縁は全縁。複葉はない。
仮根は茎の腹面に多数生え、やや紫色をおびることが多い。
雌雄異株。雄株は雌株と混生することが多く、雄花は8〜13対の包葉をもつ。雄花は茎の先につき、花被は先がややすぼまる。
日本全国にみられるが、関西地方以西に多い。日本固有種となっている。

  • Aperture: ƒ/32
  • Credit: Yutaka Isayama
  • Camera: D800
  • Taken: 9月 15日, 2014年
  • Flash fired: no
  • Focal length: 180mm
  • ISO: 400
  • Shutter speed: 1/5s
合計: ¥0

ライトボックスに保存

詳細

  • ファイル名: 94f0c70468c823b52ad8d4a638267500.jpg
  • ファイル ID: 430
  • ファイルタイプ: JPG (image/jpeg)
  • ファイルサイズ: 16.29 Mb
  • 寸法(px): 7360 x 4912
  • コレクション: 諌山 裕コレクション コケ類