オオシッポゴケ〈大分県豊後大野市・沈堕の滝〉

投稿日:
LINEで送る
Pocket

オオシッポゴケ〈沈堕の滝〉

オオシッポゴケ〈沈堕の滝〉

オオシッポゴケ(シッポゴケ科,シッポゴケ属)〈Dicranum nipponense〉
【撮影地】大分県豊後大野市・沈堕の滝

▼解説要約
半日陰地の腐植土や腐木の上に群生する。
茎は高さ2〜5cmで、表面には褐色をした仮根が密生する。
葉はやや幅広い披針形、長さ7mm内外、乾くと曲がる。
中肋は太く、葉の先まで伸びる。上の方の縁には弱い歯がある。
雌雄異株。胞子体は茎の先の方に1本つき、2cm内外の長さの柄をもつ。蒴は横向きにつき、少し曲がった円筒形。
日本全国でみられ、北半球の温帯に広く分布する。

  • Aperture: ƒ/16
  • Credit: Yutaka Isayama
  • Camera: NIKON D800
  • Taken: 9月 13日, 2014年
  • Flash fired: no
  • Focal length: 60mm
  • ISO: 800
  • Shutter speed: 1/80s
合計: ¥0

ライトボックスに保存

詳細

  • ファイル名: d946e5f9d40586088d57d75866a47362.jpg
  • ファイル ID: 415
  • ファイルタイプ: JPG (image/jpeg)
  • ファイルサイズ: 11.49 Mb
  • 寸法(px): 6180 x 4124
  • コレクション: 諌山 裕コレクション コケ類