イヌセンボンタケ〈世田谷区〉1

投稿日:
LINEで送る
Pocket

イヌセンボンタケ〈世田谷区〉1

イヌセンボンタケ〈世田谷区〉1

イヌセンボンタケ(ナヨタケ科,Coprinellus属)〈Coprinellus disseminatus〉
【撮影地】東京都世田谷区・等々力渓谷

▼解説要約(Wikipediaより)
ハラタケ目ナヨタケ科Coprinellus属のキノコ。過去にはヒトヨタケ科ヒトヨタケ属とされていた。
地方によってはまめぶし、ちびぶし、ぼんさいもたし等の名称がある。現在の学名は1939年にJakob Emanuel Langeによって与えられた。
春から夏、倒木や切り株などに群生する。時には何千何万本にもなる。傘は、初めは白く、のちに灰色になる。柄は細く、白色。成熟期にあっても傘の液化は起こらないことが特徴になっている。

  • Aperture: ƒ/22
  • Credit: Yutaka Isayama
  • Camera: NIKON D800
  • Taken: 9月 30日, 2013年
  • Flash fired: no
  • Focal length: 60mm
  • ISO: 400
  • Shutter speed: 1/4s
合計: ¥0

ライトボックスに保存

詳細

  • ファイル名: 877da1754c01e8476cae28d6c80a02fc.jpg
  • ファイル ID: 981
  • ファイルタイプ: JPG (image/jpeg)
  • ファイルサイズ: 12.83 Mb
  • 寸法(px): 7360 x 4912
  • コレクション: 諌山 裕コレクション キノコ類