アラゲコベニチャワンタケ〈大分県別府市・由布川渓谷〉1

投稿日:
LINEで送る
Pocket

アラゲコベニチャワンタケ〈大分県別府市・由布川渓谷〉1

アラゲコベニチャワンタケ〈大分県別府市・由布川渓谷〉1

アラゲコベニチャワンタケ(ピロネマキン科,アラゲコベニチャワンタケ属)〈Scutellinia scutellata〉
【撮影地】大分県別府市・由布川渓谷

▼解説要約(Wikipediaより)
朽ちた木、湿った葉や土、灰に群生する。冬の終わりから春にかけて見られる。
子実体は円盤状になっており、多くのもので直径が0.2~1.0cmである。若い時期では完全に球体になっており、成熟期になると椀状となり、さらに円盤状へと向かう。
胞子を帯びた子実層である椀の内部の表面は明るい紅色であり、外側の表面は薄い茶色である。
身は赤く薄い。椀の外側の部分には暗い色で硬い毛が生えており、これの長さは大きいもので1cmほどである。

  • Aperture: ƒ/32
  • Credit: Yutaka Isayama
  • Camera: D800
  • Taken: 9月 15日, 2014年
  • Flash fired: no
  • Focal length: 180mm
  • ISO: 400
  • Shutter speed: 1/2.5s
合計: ¥0

ライトボックスに保存

詳細

  • ファイル名: 7919caeaea80e4c7910a86a5f04503f2.jpg
  • ファイル ID: 975
  • ファイルタイプ: JPG (image/jpeg)
  • ファイルサイズ: 18.24 Mb
  • 寸法(px): 7360 x 4912
  • コレクション: 諌山 裕コレクション キノコ類