アオギヌゴケ(俯瞰)〈埼玉県比企郡〉

投稿日:
LINEで送る
Pocket

アオギヌゴケ(アオギヌゴケ科,アオギヌゴケ属)〈Brachythecium populeum〉
【撮影地】埼玉県比企郡・国営武蔵丘陵森林公園

▼解説要約
日当たり地から半日陰地の岩上、地上、樹の根元などに、やや緑褐色をした群落をつくる。全体に少しつやがあり、柔らかい感じのする種類。
茎は横に這い、不規則に枝を出す。
葉は乾いてもちぢれず、卵形〜卵状披針形、1.5〜2mmの長さ。
中肋は1本で、葉の先まで伸びる。
胞子体はよくつき、初夏〜秋にみられ、柄は2cm内外の長さ。柄の先の方だけに細かな乳頭がある。蒴は短い卵形で、斜めにつく。
日本全国で普通にみられ、北半球に広く分布する。

  • Aperture: ƒ/22
  • Credit: Yutaka Isayama
  • Camera: NIKON D800
  • Taken: 9月 28日, 2013年
  • Flash fired: no
  • Focal length: 60mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/30s