ホソバオキナゴケ(大分県別府市・由布川渓谷)2

投稿日:
LINEで送る
Pocket

ホソバオキナゴケ(大分県別府市・由布川渓谷)2

ホソバオキナゴケ(大分県別府市・由布川渓谷)2

ホソバオキナゴケ(シラガゴケ科,シラガゴケ属)〈Leucobryum neilgherrense〉
【撮影地】大分県別府市・由布川渓谷

▼解説要約
半日陰地の地上、腐木上や木の根もとなどに丸みのある群落をつくる。茎は高さ2〜3cm内外、枝分かれはほとんどなく、直立または斜めになって塊をつくる。
葉は密生し、乾くと灰白色、湿ると白緑色になる。
基部は卵形で、幅広い披針形に伸び、長さ4mm内外。中肋はない。
葉の表と裏側には各1層の透明細胞があり、これにはさまれるように小形の葉緑細胞がある。
雌雄異株。日本全国にやや普通に見られる。
ヤマゴケと呼ばれて園芸用に利用されている。

  • Aperture: ƒ/5.6
  • Credit: Yutaka Isayama
  • Camera: NIKON D800
  • Taken: 9月 15日, 2014年
  • Flash fired: yes
  • Focal length: 300mm
  • ISO: 400
  • Shutter speed: 1/80s
合計: ¥0

ライトボックスに保存

詳細

  • ファイル名: 4d78ac32bae6e5347da60ca35049e056.jpg
  • ファイル ID: 833
  • ファイルタイプ: JPG (image/jpeg)
  • ファイルサイズ: 17.40 Mb
  • 寸法(px): 7360 x 4912
  • コレクション: 諌山 裕コレクション コケ類