ベッコウタケ〈福岡市〉1

投稿日:
LINEで送る
Pocket

ベッコウタケ〈福岡市〉1

ベッコウタケ〈福岡市〉1

ベッコウタケ(タマチョレイタケ科,サルノコシカケ科,オオスルメタケ属)〈Fomitella fraxinea〉
【撮影地】福岡県福岡市
サルノコシカケ科は確定された分類ではないため、タマチョレイタケ科とされることが多い。

▼解説要約(Weblio 辞書より)
様々な広葉樹の根株腐朽菌で幹の根もとから発生する。広葉樹の中でも特にこのキノコに侵されやすいのはニセアカシア、サクラ類、リンゴなどで、果樹園に発生して大きな被害を与えることもある。

きのこは初め橙黄色のにぎりこぶし状でしだいに半円形に開き、いわゆるサルノコシカケの形になる。一年間の生長がおわるとコルク化して灰褐色になる。

  • Aperture: ƒ/22
  • Credit: Yutaka Isayama
  • Camera: NIKON D800
  • Taken: 9月 12日, 2014年
  • Flash fired: no
  • Focal length: 60mm
  • ISO: 400
  • Shutter speed: 1/2s
合計: ¥0

ライトボックスに保存

詳細