ハマキゴケの群落〈練馬区〉

投稿日:
LINEで送る
Pocket

ハマキゴケの群落〈練馬区〉

ハマキゴケの群落〈練馬区〉

ハマキゴケ(センボンゴケ科,ハマキゴケ属)〈Hyophila propagulifera〉
【撮影地】東京都練馬区

▼解説要約
日当たりの良いコンクリート上、石垣、岩上などに緑褐色の群落をつくる。茎は高さ5mm以上、上の方に葉がやや集まったようにしてつく。葉は乾くと上方にすぼんだように巻く。卵形で長さ1mm内外、中肋は1本で太く、葉の先までとどく。
雌雄異株であるが、めったに胞子体はつけない。茎の先のほうのつけ根に卵形の無性芽をつけることが多い。
本州〜九州の低地に多い。日本のほか、台湾にも分布。
乾燥した場所を好むコケの代表的なもので、直射日光下でも葉をすぼめて生える。

  • Aperture: ƒ/22
  • Credit: Yutaka Isayama
  • Camera: NIKON D800
  • Taken: 9月 13日, 2013年
  • Flash fired: no
  • Focal length: 60mm
  • ISO: 100
  • Shutter speed: 1/3s
合計: ¥0

ライトボックスに保存

詳細

  • ファイル名: 36b12fd390c15b526e11b6cc1266ae19.jpg
  • ファイル ID: 770
  • ファイルタイプ: JPG (image/jpeg)
  • ファイルサイズ: 16.94 Mb
  • 寸法(px): 7360 x 4912
  • コレクション: 諌山 裕コレクション コケ類