タチゴケ〈練馬区〉

投稿日:
LINEで送る
Pocket

タチゴケ〈練馬区〉

タチゴケ〈練馬区〉

タチゴケ(スギゴケ科,タチゴケ属)〈Atrichum undulatum〉
【撮影地】東京都練馬区

▼解説要約
半日陰地から日陰地の湿った土の上に群落をつくる。茎は直立し、高さ1〜2cm、枝分かれはない。
葉は柔らかく、長さ7〜8mm、細長い線形で、乾くと著しく巻く。葉の表面にし横じわがあり、1本の中肋は葉の先まで伸び、中肋上に4〜5枚の小さな薄板が並ぶ。葉の縁には小さな歯があり、縁に沿って狭い縁取りがある。
胞子体は2〜3cmの柄をもち、蒴は円筒形、帽は薄い膜質で、先は長くとがる。
北海道〜九州に普通にみられ、北半球に広く分布する。

  • Aperture: ƒ/22
  • Credit: Yutaka Isayama
  • Camera: NIKON D800
  • Taken: 9月 13日, 2013年
  • Flash fired: no
  • Focal length: 60mm
  • ISO: 400
  • Shutter speed: 2s
合計: ¥0

ライトボックスに保存

詳細

  • ファイル名: 3c65930d5e21b940a19412b95540e88f.jpg
  • ファイル ID: 650
  • ファイルタイプ: JPG (image/jpeg)
  • ファイルサイズ: 17.64 Mb
  • 寸法(px): 7360 x 4912
  • コレクション: 諌山 裕コレクション コケ類