ゼニゴケの雌株の雌器托〈練馬区〉

投稿日:
LINEで送る
Pocket

ゼニゴケの雌株の雌器托〈練馬区〉

ゼニゴケの雌株の雌器托〈練馬区〉

ゼニゴケ(ゼニゴケ科,ゼニゴケ属)〈Marchantia polymorpha〉
【撮影地】東京都練馬区

▼解説要約
半日陰地の湿った土や鉢植えの中などに生える。平らな葉状体で、幅は1cm内外、二叉状に分かれる。葉状体の腹面には、灰白色の仮根が密生し、小さな腹りん片が左右にある。
葉状体表面には六角形の区画があり、その中央にやや白っぽい気室孔が開く。
雌雄異株で、5〜7月頃に、掌状の雄器托と円盤状の雌器托を別々の葉状体につける。葉状体の表面には盃状の無性芽器があり、この中に濃緑色でつづみ形の無性芽が多数できる。
北海道〜九州にごく普通で、人家周辺に多い。ほとんど世界中に分布する。
特に、家の北側など湿気の多い場所に見られる。庭に生えるコケ類は日本庭園では喜ばれることが多いが、ゼニゴケ類は地面に深く張り付いて広がり、見栄えが良くないため、雑草として嫌われることも多い。また、非常に除去しにくい。

  • Aperture: ƒ/22
  • Credit: Yutaka Isayama
  • Camera: NIKON D800
  • Taken: 9月 16日, 2013年
  • Flash fired: no
  • Focal length: 60mm
  • ISO: 100
  • Shutter speed: 1.3s
合計: ¥0

ライトボックスに保存

詳細