アラゲカワラタケ〈東京都品川区・大井ふ頭中央海浜公園〉1

投稿日:
LINEで送る
Pocket

アラゲカワラタケ〈東京都品川区・大井ふ頭中央海浜公園〉1

アラゲカワラタケ〈東京都品川区・大井ふ頭中央海浜公園〉1

アラゲカワラタケ(タマチョレイタケ科,シロアミタケ属)〈Trametes hirsuta〉
【撮影地】東京都品川区・大井ふ頭中央海浜公園
サルノコシカケ科とするのは暫定的な処置であるため、タマチョレイタケ科,ツヤウチワタケ属ともされる。

▼解説要約
春〜秋、枯木や切株などに発生する。
木材の白色腐朽菌。傘は、幅3〜100㎝、厚さ約3㎜の半円形〜扇形。表面は粗毛を密生、灰色〜帯黄色、明瞭な環溝を表す。肉は白色、革質。管孔面ははじめ白色、のち黄白〜きつね色など。

  • Aperture: ƒ/22
  • Credit: Yutaka Isayama
  • Camera: NIKON D800
  • Taken: 9月 20日, 2014年
  • Flash fired: no
  • Focal length: 60mm
  • ISO: 400
  • Shutter speed: 1.3s
合計: ¥0

ライトボックスに保存

詳細